新コレクション“lu muere”(ル・ミュール)デビューまでの道!

新コレクション、“lu muere”(ル・ミュール)がデビューしました!

今日はコレクションが完成するまでをレポートしたいと思います!
デザイナーの紙谷と職人さんが二人三脚で作り上げるティアラ
いったいどんなティアラになるんでしょうか?
是非最後までご覧ください!

その1 打ち合わせ

1打ち合わせ

今回はドレスショップ「ブライダリウム ミュー」とのコラボレーションティアラ。
キーワードはブライダリウム ミューのブランドコンセプトである、
”夢と感動をお届けすること=内側からの輝き”

その2 デザインの提案

2デザインの提案

打ち合わせでヒアリングしたことをデザイン画に落とし込みます

その3 土台

3芯となる部分

パーツの配置を確認しながら、土台を作ります
強度なども考慮しながらの製作は職人さんならでは。

その4 オリジナルパーツ

2アンティークパーツの確認

紙谷のデザイン画を元に、職人さんが作ったオリジナルパーツを配置していきます。

その5 パーツの接着

4パーツの接着

骨組みをぐるりと丸めてパーツを接着していきます。
溶接作業なので、夏は大変そうです…。
この段階でも、渋くて格好いいと思うのは私だけでしょうか?

その6 メッキ工場へ

5メッキ工場へ

形が組み上がったら、メッキ工場でピカピカに加工してもらいます。
そして手作業でクリスタルを埋め込み、いよいよ完成です。

その7 完成!

完成!職人さんと紙谷

職人さんが出来上がったものを持ってきてくれました。
とっても素敵にできて、ついつい口元がゆるみます…。

ちょこっと見えていますが(笑)、
完成品はこちら

完成品はこちら

“lu muere”(ル・ミュール)

【デザインストーリー】
繊細な「揺れ」は、「優しいゆりかご」をイメージ。
思いやり、優しい心、温かさを意味しています。

ゆりかごを支えるのは、「星」「花」「人」を
組み合わせたオリジナルモチーフ。

夢と感動が重なり続ける人生を意味しています。

「lu muere(ル・ミュール)」の由来は
フランス語で“光”をあらわす“ルミエール”と、“ミュー”を掛け合わせた造語。

沢山の人の想いがつまったこちらのティアラ、
是非お問い合わせください。

【取扱】
ブライダリウム ミュー

ブライダリウム ミュー公式サイト:http://www.mue-web.jp

BLOG一覧に戻る